産廃情報ネット

「分ければ資源、混ぜればごみ」

出す人、集める人、リサイクルする人がみんなで協力して、環境を守りましょう。
お客様のお店や会社から回収した廃棄物は、圧縮や破砕の工程を経て、固形燃料や繊維原料、プラスチック原料などに生まれ変わります。
その際、不純物が混ざっていると、適切なリサイクルができなくなってしまいます。
大切な環境を守るために、適切なリサイクルができるよう、廃棄物を排出する皆様にも分別のご協力をお願いします。

収集運搬業者さまもご利用ください。

当社では、自社回収の廃棄物の他に、他社さまが回収した廃棄物も受入れ、
処分(リサイクル)しております。
詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

料金

各種処分の料金は、こちらの表をご覧ください。

お持ち込みについて

当社への直接のお持ち込みも承っております。
詳しくは下のボタンよりPDFファイルをご確認ください。

廃プラスチック・紙くず・木くず
→RPF(固形燃料)へ

RPFとは「Refuse Paper & Pastic Fuel」の略称です。
RPFは再利用困難な廃プラスチックと紙くず・木屑から作られる固形燃料をいい、
資源リサイクルに貢献する循環型エネルギーとして注目されています。
石炭などの化石燃料の代替燃料として使用され、地球温暖化の原因となっているCO2の総排出量削減に効果があります。
当社のRPF(固形燃料)プラントは、全国でも有数の規模で、東京都内では最大です。
RPFの原料について
原料の判別はお気軽にご相談下さい。
廃プラスチック類、紙くずの種類、禁忌品については別紙をご参考にして下さい。
RPFの製造工程
RPFの特長(利用メリット)
  • 品質が安定
    発生履歴が明らかな産業廃棄物や選別された産業廃棄物(分別基準適合物相当)を原料として使用しているため、品質が安定している。
  • 熱量のコントロールが可能
    ボイラー等のスペックに応じ、古紙と廃プラスチックの配合比率を変えるだけで容易に熱量変更可能。
  • 高カロリー
    原料として廃プラスチックを使用しているため熱量が高く、石炭及びコークス並みで化石燃料代替として使用可能。
  • ハンドリング性が良い
    RPFは固形で密度が高い為、コークス、粉炭等と同等の利便性をもち、貯蔵特性にも優れている。
  • ボイラー等燃焼炉における
    排ガス対策が容易
    品質が安定し、不純物混入が少ないため、塩素ガス発生によるボイラー腐食や、ダイオキシン発生がほとんどない。硫黄ガスの発生も少なく、排ガス処理が容易。
  • 他燃料に比較して経済性がある
    現状で石炭の1/4~1/3という低価格。 化石燃料や将来負担するであろう排出権購入の費用削減。 灰化率が石炭に比べ1/3以下となる為、灰処理費が削減可能である。
  • CO2削減
    総合エネルギー効率の向上と化石燃料削減によりCO2削減など地球温暖化防止に寄与。石油石炭等に比べて約30%のCO2削減効果あり。

ペットボトル
→繊維原料へ

当社では、ペットボトルのキャップとラベルを最新の設備によって分離し、
「完全フレーク化」を行い、その100%を国内化繊メーカーに販売しています。
このペットボトル化繊は世界一とも言われる加工技術を用い、再生品でありながらヴァージンと同等の汎用性があり、
被服だけではなく様々な実用品として、実際に日常生活で手に取ることが可能な製品に生まれ変わります。
これは高度なCSRを掲げる排出事業者からの、確実で有効的なリサイクルの要望に十分対応可能なリサイクルシステムとして注目されています。
ペットボトルの原料について
原料の持込の相談はお気軽にご相談ください。
泥汚れ・薬品・ペンキの付着するものが多く含むものはご返却する場合があります。
ペットボトルのリサイクル工程
弊社のフレークの特徴
当社では、ペットボトルのキャップとラベルを最新の設備によって分離し、「完全フレーク化」を行い、その100%を国内化繊メーカーに販売しています。
このペットボトル化繊は世界一とも言われる加工技術を用い、再生品でありながらヴァージンと同等の汎用性があり、被服だけではなく様々な実用品として、実際に日常生活で手に取ることが可能な製品に生まれ変わります。
これは高度なCSRを掲げる排出事業者からの、確実で有効的なリサイクルの要望に十分対応可能なリサイクルシステムとして注目されています。
フレークとは
PETボトルのリサイクルはボトルを溶かして再利用するのではなく、一旦再生原料となる小片(フレーク)を作った上で、様々な再利用品に利用されます。再生フレークはPETボトルを8mm角くらいの小片に粉砕し、よく洗って乾かしたものです。
ペレットとは
フレークを一度溶かして小さな粒状に加工したものです。運搬・貯蔵が容易になり、主に繊維にする時に使用されます。
繊維等に加工するときの取り扱いが容易になり、ペレットは小さな弾丸(丸薬)という意味です。再商品化する商品によってペレットに加工するか、フレークのまま製品化するかで分けられます。

発泡スチロール
→プラスチック原料へ

当社では、まだ発泡スチロールが廃棄物として捨てられていた頃から、環境問題を見据え、発泡スチロールのリサイクルに取り組んでいます。
薬品を使わない安全でクリーンなシステムで生み出される製品は、
高品質なプラスチック原料として国内外からの需要が多く、民間会社では関東屈指の規模を誇っています。
発泡スチロールのリサイクル工程
リサイクル実績
優れた製品特性により、発泡スチロールは生鮮食品の物流容器、家電製品の包装材、建築用断熱材など、幅広い用途で使われています。
また使用済みの発泡スチロールは、さまざまな方法で再利用されており、90.2%という高いリサイクル率(2017年調査)を達成しています。
発泡スチロールの用途別出荷量
発泡スチロールの用途別出荷量

段ボール・古紙
→紙製品へ

古紙の回収・利用の促進を図ることにより、生活環境の美化、紙類の安定的供給の確保、
森林資源等の枯渇を防止、環境保全などを目的として積極的にリサイクルを推進しています。
古紙は種類別の選別・プレス加工されコンテナに積み込まれます。その後、主に製紙会社へ運ばれ、紙製品に生まれ変わります。
段ボール・古紙のリサイクル工程

缶・びん
→鋼材原料・カレット原料へ

缶やびんは、リサイクルの優等生です。
選別、プレス、破砕などの工程を経て、鋼材原料やカレット原料となり、再び鉄製品やガラス製品として利用されます。
缶のリサイクル工程
びんのリサイクル工程

リサイクル工場の見学

リサイクル工場の見学は、
随時行っております。
お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせは
下記よりお気軽にご連絡ください。
ご質問やご相談も承ります。
通常2営業日以内にご返信を心がけております。
お急ぎの際は
お電話でのお問い合わせをお勧めいたします。
電話でのお問い合わせ
tel:0338550732tel:0338550732
受付時間/9:00~17:00
メールでのお問い合わせ